教育業界で働こう~求められているプロの指導者~

自宅で学べる家庭教師

塾業界の動向

塾業界の求人は今後どうなるのか、この業界に携わっている人や今後参入を考えている人には、非常に知りたい内容と思われます。そこで、ここではそのような点について書いていきます。さて、結論からいうと、今後はますます需要が高くなる見込みです。これは教育に投資をする家庭の増加が要因として挙げられます。いまや、どこの家庭においても家庭教師を雇ったり、子供を塾に通わせています。むしろ、そうしたことをしない方が珍しくなっています。こうした状況を受けて、塾講師の求人が非常に増加しています。これは特に個別指導塾において顕著な傾向です。もちろん、集団指導塾においても微増していますが、小学生から中学生を指導する個別指導塾において非常に求人が増加しています。

塾講師の求人が非常に増加していることを指摘しましたが、その際に個別指導と集団指導という言葉を使用しました。この言葉の意味するところは何なのかを説明します。これは一口言うと、指導スタイルを指します。すなわち、個別指導というと、塾講師と生徒が1対1で向き合った状態で指導することを言います。それに対して、集団指導というと、学校のクラス授業のように、大勢の生徒に対して1人の塾講師が指導することを言います。こうした指導スタイルによって、学習塾は大きく二種類に分けることができます。実は、求人数が非常に増加しているのは、個別指導塾においてです。この業界に参入しようとしている人は、ここが注意点です。集団指導塾の求人はそれほど増加していないので、転職活動の際は注意してください。

  • 上手に利用する方法

    求人サイトには、自分の希望する勤務条件を登録しておくだけで、該当する求人があればメールを送ってきてくれるので、毎日のようにたくさんの求人情報を調べなくても済みます。

    詳しく読む

  • 保育士の給料は

    保育士の給料は、徐々に上がっていく傾向にあります。求人募集を掛けられても、なかなか人手が集まらないという保育園ですが、待遇が良くなる事によって多くの応募が来るようになるでしょう。

    詳しく読む

  • 資格取得をして

    保育士になる為には、保育士の資格が必要となります。その資格を取得しても、給料などの問題で辞職する人もいるでしょう。しかし、近年はそういった問題を改善しようという、高時給の求人を出すなど動きがあります。

    詳しく読む